妊娠中にカンジタに感染してしまう確率が高い

妊娠中の女性は、カンジタという感染症になりやすいといわれています。
そもそもカンジタとは、カンジダ真菌に感染する事で、おりものに異常を来したり、外陰部のかゆみ、発疹、腫れ、排尿時に痛みなどを感じる疾病のことです。
カンジタは、性行為で感染するわけではなく、もともと腟などの性器、腸、皮膚などに存在している常在菌のことです。
元来、膣内には高い自浄作用があるので、カンジタ真菌が増殖してもすぐに撃退することが可能です。
よって、通常時は菌によって体に悪影響が及ぼされることがないです。

ただ妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急増して、ホルモンバランスがすごく乱れています。
つまり、体の免疫力が極端に落ちているので、カンジタ真菌が急激に増殖して、感染しやすくなるというわけです。
特に妊娠の初期の時期は、つわりでストレスや疲労が溜まりやすく、疲れやすくなることから、圧倒的に免疫力が低下してしまいます。
なので、特に妊娠初期の頃は極力、カンジタにかからないように気をつける必要があります。

妊娠中にカンジタにかかった場合、患部に痛み、炎症などが起きますが、お腹の赤ちゃんには直接の影響があるわけではないです。
ただ出産する時までにきちんと治療できないと、赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあります。
その理由は、カンジタに感染している産道から赤ちゃんを産むことになるので、カンジタ真菌に感染してしまう可能性が高いからです。
感染すると、出産から一週間くらいで、赤ちゃんの口内や股が白くなる鵞口瘡、おむつかぶれがひどくなるなどの皮膚炎を発症します。

大切な赤ちゃんへの感染を防ぐには、妊娠中におりもの、外陰部のかゆみ、痛みなど違和感がある場合は、恥ずかしがらずに専門の医師に診てもらう事が大事です。
昨今では、妊婦健診などで定期的にカンジタにかかっていないか診てくれます。
そのため、不安な時は産婦人科に直ぐにお願いするといいです。

女性は生理前や生理中にカンジタになりやすい

妊娠中に女性はカンジタになりやすいのですが、実は生理前や生理中もカンジタになりやすいといわれています。
その理由は、生理前や生理中は、プロゲステロンという黄体ホルモンの影響によって膣内が酸性化していくからです。
そもそもカンジダ菌というのは酸性を好む性質があるので、膣内がずっと酸性になれば異常繁殖しやすくなります。
また、高い湿度を好む性質もあるので、汗や経血、ナプキンで蒸れやすくなる生理時は膣内で繁殖しやすく、カンジタが発症する可能性が高まります。

ただ生理後は、プロゲステロンの分泌が減るため、カンジタの症状は生理が終われば快方に向かう事が多いです。
しかし、生理の際に発症した人のうち約半数は再び生理になると再発すると言われています。

生理の際に二度と発症しないようにするには、まず綿素材など通気性の良い下着を身に着けることが大事です。
女性の場合、おしゃれな下着を着用したい方は多いですが、絹やポリエステルなどの素材を着用すると膣内が蒸れやすくなります。
そのため、免疫力が低下している時に真菌が増殖して感染しやすくなってしまいます。
その点、通気性のいい下着の場合、湿度の高さを解消して清潔に保てるので、菌の繁殖を防ぐ事が可能です。

その他にも、生理時は汗をかきやすくなっているので、こまめに下着を取り替える、シャワーを浴びるなどの対策が肝心です。
シャワーで膣を洗う際は、必ずぬるま湯で優しく汚れや汗を洗い流す程度にするといいです。
汚れを良く落とすために石けんを使うと、刺激で患部の炎症が悪化することがあるからです。
それと、患部を清潔に保つ為にも、ナプキンやおりものシートをこまめに取り替えることが大事です。