性病感染は性行為だけではなく公共の場でうつる

性感染症は性行為によってしか感染する事はないと思っている人も多いでしょうが、実は一概にそうとは言いきれません。
確かに、性病感染の大半はその原因菌やウイルスが感染者の体液を介して起こっていきます。
この体液が口腔内や膣、尿道などの粘膜に付着することがなければ、まず性病感染は起こらないということです。

ほとんどの性感染症の場合、人の細胞の中でしか原因菌やウイルスが生き続けることができません。
つまり、感染者の体から離れた時点でその感染力はゼロに等しくなっているという事なので、それこそ粘膜同士の接触が起こる性行為でもないと性病感染は起こりにくくなります。

では、こういった性病感染が性行為以外で引き起こされるケースとはどういったものでしょうか?まず挙げられるのが、非常に生命力、感染力が強い菌、ウイルスがその原因となっているケースです。
性病の原因菌やウイルスが繁殖した状態で感染者の体液がトイレや公衆浴場のイスについてしまう、その後原因菌やウイルスが他人の粘膜に接触してしまえばそこで感染が起こっていきます。

可能性は性行為によるものよりも低くなっていきますが、それでも公衆浴場やトイレなどのイスで感染が起こらないというわけではありません。
もちろん、性感染症の種類や原因となる菌、ウイルスによって感染力は変わってきますが、注意しておくに越したことはないということです。

トイレや公衆浴場などのイスで感染が起こりうると知ってしまうと不安を感じてしまう人もいるでしょう。
確かに、気軽に利用できる施設、設備だからこそ油断している部分も多くなります。
もとより、イスに触れる部位は性器周辺で雑菌がとりわけ繁殖しやすい部位です。
イスを使用する前にはあらかじめ除菌シートやシャワーなどで表面の雑菌を取り除いていくことも大切になってきます。
これでも100パーセント性感染症に感染しないと断言できるわけではありませんが、なにもしないよりはましです。

患部に違和感を感じたら直ぐに性病検査が大事

トイレや公衆浴場などで気を付ける事はもちろんですが、性行為の際のコンドーム使用など日ごろからできる性病感染の対策はいくつか挙げられます。
ちなみに、性感染症は早期治療を心がけることによってそれ以上の感染を防止することが可能です。

では、具体的に自分が性感染症に感染しているのかどうか、周りに感染を広げる可能性があるのかどうかをどうやってチェックしていけばいいのでしょうか。
まず早期治療のために必要なのが、早めの性感染症の検査です。
性感染症の中には自覚症状があまりないものもあるため、検査によってそのチェックを行っていきます。

検査では、患部からサンプルを採取して、血液や体液、細胞内に菌やウイルスが増殖しているのかどうかをチェックしていきます。
そこで菌やウイルスの繁殖が認められれば感染が起こっているという事ですし、逆に菌やウイルスの存在が目立たなければ性感染症の心配はなくなります。

性感染症には自覚症状がないものもありますが、中には性器やその周辺に違和感、かゆみや臭いなどのトラブルを引き起こすものもあります。
患部に少しでも違和感を感じた時にはできるだけ早く感染の有無を確かめていくことが大切です。
恥ずかしいからとこの検査をいつまでも後回しにしていると、それこそ感染拡大のリスクを高めていきますし、症状もますます悪化していきます。

こうした性感染症の検査が出来るのは病院や保健所などの医療機関です。
わざわざ病院や保健所に足を運ぶのが億劫だという方もいると思います。
そういった場合は、通販サイトで自宅でもできる検査キットを購入することもできるので、まずはどの方法であっても検査で性感染症の有無を確かめていくことから始めていきましょう。