男性のカンジタ症の特徴について

性器カンジタは男性が発症することは少ない性感染症です。
性器カンジタ症は、真菌(カビ)の一種であるカンジタ菌が異常に増殖することによって炎症を引き起こしたもののことを言います。
もともと体内にある菌が原因となって症状があらわれる自己感染もありえる病気です。

つまり、性行為がなくとも発症する可能性がある性感染症です。むしろ、性行為がカンジタ菌感染の原因となる可能性は少ないことが性器カンジタ症の特徴です。
男性の場合、性交渉だけでなく、ペニスの不衛生や表面にできた傷が原因となって、もともと自分の体にあったカンジタ菌が増殖することによって、亀頭包皮炎を発症します。
性器カンジタ症が重症化してしまうと、尿道炎となることもあるので注意が必要です。

カンジタ症となると性器以外にも様々な症状があらわれます。
例えば、口内炎を引き起こし、急性偽膜性カンジタ症として、白い海苔や斑点のようなものが口腔内にできるようになります。
口腔内にカンジタ症の症状が出ている場合、特に口腔カンジタ症と呼ばれ性器に発症する性器カンジタ症とは区別されます。

男性の場合、特に包茎の方は性器カンジタ症になるリスクが高くなります。
カンジタ菌は真菌の一種であることから、湿った場所で増殖しやすいからです。
カンジタ菌が性器周辺で増殖することによって炎症を引き起こした状態が性器カンジタ症です。
ただし、カンジタ症の症状は他の性感染症と似たような症状であることも多いことから専門家医でないと見極めることは困難です。

軽度の場合には自然に治癒することもありますが、重症化してしまっていると自然に治癒することはほとんど考えられません。
カンジタ菌を早く治療するためには、患部を清潔に保つことが必要です。
患部が蒸れた状態となると、カンジタの症状を悪化させるリスクが高くなってしまいます。
カンジタ症の症状が重症化している場合には、早期に治療を受けることが必要です。

男性のカンジタ症は尿道炎になりやすい

男性の性器カンジタ症は亀頭包皮炎や尿道炎になりやすいことが特徴です。
ただし、性器にカンジダ菌を保有していたとしても男性の場合には自覚症状も少なく、感染に気づくのは遅れる場合が多い傾向にあります。
男性で性器カンジタ症を発症するケースは非常に稀です。
カンジタ菌は湿った場所で繁殖しやすいため、常に性器を清潔にすることが大切になります。

男性が性器カンジタ症となると、亀頭や陰嚢部に赤み・痒み・爛れの症状が出るようになり、恥垢・白いカスが出る・生殖器表面が乾燥してカサつくなどの症状があらわれ、性器に違和感を覚えるようになります。
症状が悪化するにしたがって小膿疱ができることもあります。
特に、包茎・糖尿病・ステロイド剤投与・消耗性疾患(体力が消耗しやすい疾患)などをお持ちの方は、性器カンジダ症を発症しやすくなるため注意が必要です。
包茎の方はカンジタ菌が増殖しやすいため発症しやすくなり、糖尿病の方やステロイド剤を投与・消耗性疾患をお持ちの方は性器カンジタ症を発症しやすい傾向があります。
白いカス・カサつく・違和感があるなどの症状があらわれている場合には、早急に診断を行い、治療を開始することが必要です。

性器カンジタ症が重症化すると亀頭包皮炎や尿道炎になる可能性が高くなります。
亀頭包皮炎となると、包皮が赤みを帯びるようになり、僅かなかゆみや痛みを感じるような発疹の症状があらわれることが多いです。
亀頭包皮炎になると、亀頭部や包皮に白いカスを(白色苔)が認められるほか、小水疱ができ、患部がカサつくといった症状が出ます。
特に、包茎の方は亀頭部分が包皮に覆われているため、亀頭と包皮の間に恥垢がたまり、細菌や雑菌が繁殖しやすくなって炎症を起こしやすいので注意が必要です。
重症化するとかゆみが増すだけではなく、小膿疱ができてしまうことや、包皮から分泌物が確認できるようになることもあります。